この記事は……。

  • 気軽に補聴器を試したい
  • 身体・交通的事情で店舗に行けない
  • 外出することのリスク(感染症や事故など)を軽減したい
  • 補聴器販売店に定期的に連れていけないご家族様
  • 介護・特養施設の入居者に補聴器をお届けしたいスタッフ

こんなことを考えている人にオススメの記事です。

 

 

ちなみに、
補聴器はなるべく早くつけた方がいい理由ってしってますか?
もし、ご存知ない方はまずこちらをご覧になってください。
⇒補聴器を早めに着けた方がいい理由

 

上記のように補聴器についてお悩みがある方は
「 きこえのお助け隊」がとてもオススメです!

 

「 きこえのお助け隊」って何?補聴器を買う人に何がいいの?

株式会社エヌ・アイ・シーが運営しており、
20年で累計10万台以上の販売実績がある【耳のトラブルのスペシャリスト】なんです!
外出が難しい方のお宅まで足を運び、
補聴器を販売してくれるサービスを展開しています。

 

補聴器販売の「きこえのお助け隊」のここがすごい!

訪問販売費が無料!

よくある訪問販売店では訪問販売費として別料金を取ることがあります。
しかし!
「きこえのお助け隊」は訪問販売費はいっさい取りません!

 

 

補聴器の無料貸し出し!

耳は聞こえた方がいいけど、
どんな補聴器を買えばいいかよくわからない。
そんな場合は補聴器を【7日間】無料で貸し出してくれます!

 

返品可能!

気にいらなくても大丈夫。
購入後30日以内なら返品対応をしてくます!

 

補聴器下取り

使わなくなった補聴器があれば下取りをしてくれます!

 

電池が3年間無料!

購入後3年間は補聴器の電池代を無料にしてくれます!

 

補聴器を早めにつけないといけないワケ

言葉の意味が分からなくなる!

難聴の状態が長く続くと言葉の聞き取り力が低下し、
補聴器をつけても「音は聞こえるけど、話している意味がわからない」
という恐ろしい事態になってしまいます。
初期段階なら補聴器をつけることで回復しますが、
深刻な段階までいくと補聴器をつけても意味がない場合があるんです。

 

 

注意力が低下する

車の音や信号の音、沸騰したやかんの音などなど、
危険な音を察知できないがために大事故につながる危険性があります。

 

人間関係が悪化しやすい

耳が遠いと言っていることが分からないので
コミュニケーションが難しくなってしまい、
常にイライラがつきまといます。

 

このような理由から早めに補聴器をつけることをオススメします。
どうしようか迷っている人はまずは「きこえのお助け隊」に自宅に来てもらい、
補聴器を無料で貸し出してもらうことから始めてはいかがでしょうか?

 

 


 

 

聴力の低下の手助けになるものはなに?

 

耳や鼻で何か気になることがあった時、すぐにするべき事は病院へ行くことです。

 

自分が現在聴力に異常が出ているのか、それともただストレスを感じていて聴力には異常がないのかを確認する必要があります。

 

自分の状態を知らないと自己診断で大丈夫かなっと思ってしまったりするのです。

 

難聴の症状も生活に支障が出るほどではなければ特に重要だと思わなくなってしまいがちです。

 

そのまま放置する状態となり、どんな事に気をつけたらいいのかを知る前にどんどん症状が悪くなっていってしまった・・・ということになります。

 

3つのおすすめアプリ

 

聴力の低下を防ぐために、気軽に取り入れた便利だな〜と思うオススメの3つのアプリをご紹介します。

 

@ 聴力検査 Mimi Hearing test

 

聴力の低下を防ぐためには、まず自分の現在の聴力レベルを知っておく必要があります。

 

耳の調子が悪くて病院へ通っていれば、常に聴力検査を受けていて確認することができます。

 

けれど、普段から特に耳に違和感がなく病院へ行くこともないと、1年に1回の健康診断のときだけの聴力検査結果でしか確認できません。

 

そんなときに便利なのが携帯のアプリなのです。

 

この検査では自分の聞こえのレベルを知ることの出来るdBが判ります。

 

聞こえてくる音をボタンで聞こえる位置で確定させ、右耳と左耳を順番に測っていきます。

 

純音聴力検査の結果を記すオージオグラムでは聞こえのレベル別に色分けがしてあり、軽度難聴なのか、正常なのかというように文字でも確認ができるようになっています。

 

表の左側が低い音、右へ向かっていくにつれて高い音になっていきます。

 

目安となる現在のdBはこのアプリで知ることができますが、あくまでも目安なので正しい聴力の確認は必ず病院で検査をする必要があります。

 

A 騒音計 Sound Meter

 

聞こえづらい状態が続いていると、今現在部屋の中はどのくらいの音の大きさなのだろうか。

 

この音は大きいのだろうか小さいのだろうか・・・と音の大きさが分からなくなってしまうのです。

 

聞こえ方にかなり敏感になっている分、少しの変化でも顔が青ざめてしまうほど慌ててしまいます。

 

いつもは家族が聞いている音を基準とし、その一定のボリュームがどのくらいの聞こえ方なのかを目安に自分の聞こえを確認しているのですが、仕事などで外に出ている時は、音の大きさがさっぱりわかりません。

 

そんな時にちょっと測ってみるのが騒音です。

 

オフィスの部屋はどのくらいの騒音なのか、レストランではどのくらいなのか。

 

車内ではどうなのだろうか、など知ることができます。

 

アプリを開くと車のメーターのような画面が出てきますが、メーターは左に右にと常に動いています。

 

その場所での最小の音から最大の音までを記録してくれていて、その平均値も表示されます。

 

左上にある三本線のメニューボタンをクリックして「Levels of Noise」を確認してみると音の大きさを示しているdBの目安となるものが書かれています。

 

例えば、60db:Converstationとなっていて、会話だと大体60dbほどだということです。

 

騒音の中にずっといると音に慣れてしまいがちですが、騒音計で大きさを確認して耳を守ることができます。

 

目に見えないものは不安に感じてしまうけれど、目に見えて自分で確認できていれば少し安心できます。

 

聞こえなくなっていることが不安でたまらないだけなんですけどね・・・

 

B 補聴器 Petralex

 

補聴器を購入して毎日使用しているのであれば、ほぼ使う用途はないのですが、補聴器に何かトラブルが起きてしまったときなどとっさの対応で使えます。

 

耳硬化症は仕事で聞こえないという状況が多くあると、本当に大変で・・・

 

わたしは常にいつも使っている補聴器と、予備にAmazonで購入した安価な補聴器タイプの集音器と、この携帯アプリを準備しています。

 

このアプリのデメリットは、音が遅れて聞こえてくることですが、それさえなければクリアに音は聞こえてきます。

 

1つ携帯へ入れておいてもいいかなって思えるアプリです。

 

聴力低下に関して、できることは限られています。

 

病院での治療に加え、自分でできることを行うことでより良い耳の状態を保っていきたい!

 

そう思うのです。

 

病院はほぼわたしたちの仕事をしている時間と同じ時間帯が診療時間となっています。

 

現在時間や曜日をずらしているクリニックも増えていますが、大きな病院では緊急対応のみになってしまいます。

 

身体の検査も大切ですが常に病院へ行っている時間もないことから、やはり手軽に知ることができるツールは便利なのです。

 

忙しい毎日の中で、気軽に取り入れられることをちょっとしてみると案外習慣化してしまいます。

 

音と向き合うことによって、早めの対処ができるかもしれないです。

 

耳だけでなく、身体全部が健康で過ごしたいですね♪

 

 

耳鳴りについて

 

頭痛

 

耳鳴りが自律神経の乱れをきっかけとして起きているとすれば、頭痛が併発していることは何の不思議もありません。自律神経の乱れが血管内を流れる血液や、リンパ液の交換に悪影響を及ぼすわけですから、当然脳の細胞の新陳代謝にも悪影響を及ぼします。それが頭痛として感じられるようになり、耳鳴りと併発するのです。また、自律神経が多く位置している首への負担から耳鳴りに発展するわけですから、筋肉へのダメージ蓄積による緊張型頭痛や後頭神経痛などの症状もよく起こります。

 

耳鳴りと併発している頭痛の場合、脳腫瘍などの病気でなければ耳鳴りに対するケアと共通して行っていくことが出来ます。頭痛薬などの対症療法だけでは根本治癒にはつながらず、だんだん頭痛薬も効かなくなって日常生活に大きく影響するので早めにケアしていきたいところではあります。

 

めまい・メニエール

 

耳鳴りとめまいは、ほとんどセットで起こると言ってもいいかもしれません。耳鳴りが耳に存在する器官で何か異常が起きていることは言うまでもありませんが、めまいもまた耳にある器官で異常が起こっている状態です。耳鳴りの場合は、空気の振動として伝わってきた音を電気信号に変換する「蝸牛」(かぎゅう)で異常が起きていると前の項でお伝えしてきました。一方でめまいの場合は、体の位置感覚を司っている「三半規管」(さんはんきかん)で異常が起きている状態です。この蝸牛も三半規管も、両者ともに「内耳」と呼ばれる耳の奥の方に位置していて、やはりリンパ液で満たされている空間であります。

 

耳鳴りのメカニズムの部分で、「リンパ液の交換と補充が滞ることで耳鳴りになる」とお伝えしましたが、これが三半規管にも影響するわけです。三半規管が上手く働けなくなることで体の位置感覚がわからなくなり、フラフラとするめまい症状が発生します。耳鳴りとめまいの原因が同じであれば、耳鳴りに対するケア方法を行うことでめまいも一緒に改善していく可能性は高いでしょう。

 

不眠症

 

耳鳴りが起きていると眠りが妨げられることがあります。これは、耳鳴りで聞こえている音によって入眠が阻害されるという理由もありますし、自律神経が乱れているから入眠できないという理由もあります。単純に、耳鳴りがうるさいから眠れないという状況もあり得るのです。

 

耳鳴りの引き金になる自律神経の乱れですが、これは睡眠に関してもかなり密接な関係があります。交感神経と副交感神経の2種類で構成されている自律神経が、入眠の際には徐々に副交感神経優位に切り替わっていくことで入眠できる仕組みです。しかし、自律神経が乱れていると交感神経と副交感神経の切り替えがスムーズに出来ず、なかなか寝付けなくなります。それが不眠症へと発展してしまうのです。

 

睡眠時間や睡眠の質が低下することで、体がもっている自然治癒力も低下します。人間は本来、睡眠をとることで日中受けたダメージを回復したり、問題のある器官や組織を修復したりしていますよね。この自然治癒力が発揮されにくい状況になってしまうわけですから、そのままでは耳鳴りの改善も遅くなってしまいます。それだけでなく、不眠症によって日常生活の中での細かなダメージ蓄積があり、免疫力の低下など体調全般に影響してしまうこともあるでしょう。

 

うつ症状

 

うつ症状は自律神経の乱れでも起こります。うつ症状というとなんとなく、精神的な負担が引き金になるというイメージかもしれません。確かに精神的な負担からうつ症状を引き起こすこともあるのですが、実は肉体的なダメージの蓄積から引き起こされることもあるのです。交感神経と副交感神経の切り替えが上手くいかなくなることで、身体全体の機能が低下し、うつ症状として発症してしまいます。この自律神経の異常は耳鳴り発症と共通する部分が多いので、耳鳴りとうつ症状は併発していることも珍しくありません。

 

ここまで様々な症状を挙げてきましたが、病気などの明確な原因が無い場合は耳鳴りに対するケアをしっかり行うことで一緒に改善することが可能です。次のでは、耳鳴りを改善するために役立つエクササイズをいくつかご紹介していきます。

 

 

更新履歴